オートバイをスマートに乗る「こつ」

オートバイに乗ってきて、ちょっとこうするといいかなとか、こうしたほうがいいよねって思ったことを書いていこうかなと思います。
ただ、これは僕が感じたことなのでみなさんが良いと思う方法があればそれが一番ですからね。


とりまわし
乗り方
駐車
走行
服装
持っていると便利な物


とりまわし 

初めてオートバイ買ったときに苦労するとのがとりまわし( 自分が降りているときのオートバイの扱い)だね。

オートバイを押して歩く時はいつもほんの少し自分が立っている方に傾ける感じでガソリンタンクのあたりに腰をくっつけることを心掛けようね

オートバイと自分がもたれあうイメージで、オートバイが右に倒れだしたらオートバイが倒れるのを防ぐことができないので、いつも腰にもたれかかってるオートバイの重さを感じる気持ちで。
ただあまりオートバイが左に傾いてもそれはそれですごく重たいのでほんの少し左に傾く感じでね。
前に進む時はそのままの姿勢で前に歩けば良いです。
左右に曲がる時も同じ 。
バックさせる時はなれないうちは前に進む時と同じ姿勢で顔だけ後ろに向けてゆっくりバックすればよいです。
腰にガソリンタンクやシートをもたれさせる時にジーンズをはいてる人は気をつけてね。
ポケットあたりの鋲(リベット)でオートバイに傷をつけちゃうことがあるからね。

押し歩いている状態でブレーキをかける時はなるべくハンドルはまっすぐに

ハンドルを切っている状態でフロントブレーキかけるとパタンと倒れる恐れがあるから気をつけてね。

またがるときは一旦サイドスタンドを立ててから

慣れればそのまま、またがればよいですが、慣れないうちは右足がシートにひっかかって転んだり(特に荷物がシートにしばってある時は注意)しちゃう恐れがあるのでサイドスタンドを立ててからまたがろうね。ちょっとかっこ悪い気がしますが倒しちゃう方がずっとかっこ悪いものね。

センタースタンドのかけ方

平らな場所を選びます(特に右に傾いていると危険度10倍です)
なるべくセンタースタンドの近くに立ちます。
(力が入れやすいようにオートバイに体を近づけるのとセンタースタンドが踏みやすいようになるべくスタンドの近くに立ちます)オートバイをまっすぐに起こして(サイドスタンドは邪魔にならなかったら降ろしたままでいいよ。
でもセンタースタンドをはずす時は忘れずにサイドスタンド戻してね)
ハンドルもまっすぐにしてスタンドを踏んでスタンドの両足が地面につくのを確かめます。
スタンドの両足が着くとオートバイが安定するので少しリラックスしようね。
いよいよスタンドをかけますが手で持ち上げようとしてはあがりません。
とにかく
スタンドを右足で目一杯踏みつけます。
これが全てと言っても過言ではありません。
右足にいかに体重をかけられるかで決まります。
左手はハンドルに添えている程度。
右手は右手で握ったグリップと右足で踏みつけているスタンドを引き離すイメージで力を入れてね。
しっかり右足を踏みつけてればオートバイは安定してるのでとにかく右足でスタンドを踏みつけることに集中してね。
はじめは誰かに右側に立ってもらって、ガソリンが少ない状態で練習するとよいと思います。

センタースタンドのはずし方

ハンドルをまっすぐにしてブレーキレーバーを指をかけてオートバイを前に押し、スタンドがはずれたらそっとブレーキをかけます。
外れた瞬間にハンドルを右に軽く切ってやると車体が左に傾くので右側へ倒れる危険が少なくなります。
スタンドがはずれない時はオートバイを前後に揺すってその反動でスタンドをはずします。
サイドスタンドが出てるとセンタースタンドがはずれた時に地面にサイドスタンドがついてバランス崩すかもしれないからサイドスタンドはしまっておこうね。
不安な人はまたがって前後に揺すってスタンドをはずすのもいいと思います。

ページのトップに戻る


 

乗り方

私がとやかく言うことじゃないかもしれませんが(笑)

直進時

加速、減速時は太ももでタンクをがっちり挟んで下半身を安定させ、背筋と腹筋で上半身を支えハンドルにあまり体重がかからないようにします。
(背筋、腹筋で上半身を支えるのは基本ね)
しっかりタンクをがっちり挟んで下半身が安定させられれば手放ししても全然怖くなくなります。
ただいつも力を入れるのは疲れるのでいつでもそうできる体勢になってればいいですよ。

ブレーキをかける時

上記の姿勢でどっしりシートに体重をかけてリアタイヤを地面に押しつけるイメージで。
そうするとリアが多少なりともロックしにくくなるよ。
それでフロント、リアのブレーキを両方しっかりかけて止まってね。
フロントブレーキは握りすぎると最後はロックして転びますがそこまでの加減は走っておぼえるしかないから練習してね。
直進で40キロくらいのスピードで強めにかけてみて少しずつ慣れるのがいいかもね。

曲がる時

やっぱり太ももでタンクをがっちり挟んで下半身を安定させ上半身は腹筋背筋で支えて ハンドルに体重がかからないようにします。
カーブの手前でしっかり減速を終えて曲がるわけですがこの時に曲がりたい方向にオートバイを傾けるとハンドルは自分で勝手に切れようとします。
これをよくセルフステアとか言うんですが、このハンドルが勝手に切れる動きを妨げちゃうと曲がらないんですよね。
だからその動きを
腕で押さえ込んでしまわないように気をつけましょう
最初に上半身を腹筋背筋で支えてハンドルに体重がかからないようにすると書いたのはこのためなんです。
イメージとしては手はハンドルにそっと添えてるって感じです。
もちろん振り落とされない程度ですけどね。
あとは目線をなるべくコーナーの出口にもっていくのも大事です。
自分が見てない方向には進めないものね。

ページのトップに戻る


 

駐車

スマートに駐車したいですね。

傾斜のあるところでは

道路が前後に傾斜してる時はギアを一速に入れて駐車しましょうね。例えば前に傾斜してるところでギアをニュートラルのままサイドスタンドで駐車すると勝手にスーッと前に進んでガシャンと倒れる悲しい罠にハマるのでギア入れましょうね。
左右に傾斜があるときはサイドスタンドを立てたときにオートバイが地面と垂直近くにならないように気をつけようね。

駐車場では

駐車スペースが奥に向かって下り坂になってるところでそのまま、まっすぐつっこんで駐車すると、帰る時にバックで上り坂を引っ張るはめになるので気をつけようね。

市街地や人通りの多いところに止める時は

特にマフラーやエンジンはクソ熱くて触ればやけどしちゃうので子供に気をつけようね。
子供が容易に近づいてきそうな時は冷めるまでオートバイから離れないのも大人の責任ですよ。

地面にも注意

地面が土や砂利の時はサイドスタンドが地面にめり込んで倒れてしまうので平らな石やつぶした空き缶等をサイドスタンドの下に入れてスタンドがめり込まないようにしようね。
暑い日はアスファルトでも注意です。柔らかいアスファルトだと溶けてやっぱりサイドスタンドがめり込みます。

風にも注意

強風でもあっさり倒れる可能性があります。風の当たらないところを探す、オートバイを右側の壁にギリギリまで近づけて止める、センタースタンドで止める等工夫してね。

ページのトップに戻る


走行

ぶつからない、転ばない、周囲を威嚇しない(笑)ようにスマートにね。

緩いカーブが実はすごい罠だったりする

乗り始めた頃に陥りやすい罠がこれですね。まっすぐな直線が続いた後の緩いカーブ。
緩いカーブって頭がカーブだって認識できない時があるんですよね。
それで直進の勢いのままカーブに入っていまい、途中で気がついても後の祭り。
曲げるつもりで走ってないから途中で曲げようと思っても間に合わないんですよね。
カーブに入る前に感じてたより実際はきついカーブだったりするときもあるし。
なんでもないようなところでの自損事故ってこのパターンが多いと思います。
緩いカーブでヒヤッとしたことある人もいると思いますが、体験したことない人もこんなことがありうるよって覚えておいてください。
これを防ぐには前をよく観察すること、スピードを控えることですよ。

道路のどこを走るか

前に車が走ってるときは車の真ん中の後ろは注意した方がいいです。
車がまたいで通り過ぎた落下物や動物の死体を踏む恐れがあります。
前の車のタイヤが通ったあとをたどるのもいいかも。
車間距離をあけるのが一番だけどね。

信号待ちで止まる時

道路の真ん中で止まると後ろから走ってきた車が止まれない時におかまを掘られてしまう可能性があるので少し左に寄るか右に寄るかした方がいいですね。
車が何台か止まってて前にすり抜けられそうなときは前に出ればおかま掘られる恐れはなくなります。(交差点での事故に巻き込まれる恐れはありますが)
信号待ちでおかま掘られる心配がない状況ならエンジンを止めると結構快適ですよ。
夏場の暑い時期はエンジンからの熱気がおさまるし静かになるので気分転換になります。
バッテリーに負担がかかるのとおかま掘られそうな時にすぐに逃げられないリスクがあるから考えて試してくださいね。

さらに渋滞につかまってしまって動かない状態になったらオートバイ降りて体操するのが楽しいです(笑)

追い越す時

一般道で前の車が遅くて追い越すときには交差する道がなくなるまで我慢しましょう。
地元の車はどこで曲がるかわかりません。右に交差する道があってこちらが右から追い越そうとしているときに前の車がその右に交差する道に入っていくとぶつかる可能性が大です。
特に軽トラなんかはどこでも曲がる可能性が大なので注意しましょう。
追い越す時は前方が良く見えることも大事ですが交差する道がないというのも同じくらい大事です。
それから片側2車線で左側があいてて左側から抜くときがあると思いますがこの時は細心の注意を払ってください。
右から追越するのがルールです。車は左から抜かれるって発想があまりないと思いますので。

車間距離

前車との車間はなるべく大きくとりましょう。
車間距離はそのまま何か起こったときに対処できる時間になります

それにくっついて走ると視界が狭くなるし、よけいにイライラしてくると思います。
前の車がどうにも遅い時は止まって休憩するのも手ですよ。

交差点では

こちらが交差点に差し掛かっているのにもかかわらず対向車が右折してくるのが一番怖いです。
車からは単車が小さく見えるので遠くにいるように感じます。
なので先にいけると思って右折してきます。

対向車がいる時は細心の注意をはらってね。
それから、信号待ちで先頭でスタートする時はいきなり発進せずに左右を確認してからね。
これでぶつけられちゃう人が結構います。

市街地では

どこから自転車や歩行者や自動車が出てくるかわかりません。どうなっても困らないようにゆっくり走りましょう。
それからアクセルはあまり開けないように静かに走りましょう
特に深夜早朝は気を使ってね!

ワインディングでは

常にカーブの先に何かがあるかもしれないという前提の元で自分の走りを組み立てる」(by GAKU氏)
車が止まってるかもしれないし、ひょっとしてライダーが転倒して横たわってるかもしれません。
そのためにもカーブの手前でしっかり減速が一番大事です。オーバースピードで曲がれないのが一番悲惨ですものね。
自分が曲がれるスピードまでカーブの手前で減速を終えるのが大事です。
曲がってる最中のスピードコントロールはアクセルはもちろんだけどリアブレーキを上手に使おうね。
フロントブレーキだとかけた途端オートバイが起きちゃうけどリアなら多少起きるだけでスピード落とせます。
それにリアブレーキをかけている間はリアサスが沈んで車体が安定するのでリアブレーキをひきずりながらコーナーを曲がるのもおすすめです。
あとは、道路の状況によく気をつけてね。砂、落ち葉、コケ・・・滑る要素はたくさんあります。
よく道路を観察しようね。
それから、もしオーバースピードでカーブに入ってしまったら・・・・もうむりやりカーブの出口を見てください。
オートバイは目で見た方向に進むのでガードレールを見たらそこに突っ込んで行ってしまいます。
だめもとでカーブの出口みようね・・・それでもだめかもしれないけど。

雨の時は

アクセルもブレーキもそーっと操作しようね。
そうするにはスピードを控えることが大事ですよ。
あとはなるべくオートバイを傾けずに上半身の体重移動で曲がりましょうね。
要注意はマンホール、グレーチング(側溝の金網みたいなふたのことね)、橋のつなぎ目の金属の部分ね。
雨の日はこれらの部分がめちゃくちゃ滑ります。少しオートバイを傾ければコロンと。
どうしても上を走るときは車体はまっすぐにスピードは一定で通り過ぎてね。
それから雨の降り始めはアスファルトの隙間に溜まってた油(エンジンオイルやグリスやいろいろ)が一斉に浮いてくるので特に道路が滑りやすくなります
ある程度雨が降ればそれらの油も流されるので多少は滑りにくくなりますけどね。
雨の日の怖さを体感するには・・・・走りながら靴を路面に押しつけてみると・・・・もう笑っちゃうくらいツルツルなのが体験できてスピード控えめで走る気になれます。

何車線かある道路では

片側2車線ある道路では左側、3車線以上ある道路では真ん中か左側をなるべく走ろうね。
センターラインよりの道は自分が気をつけてても対向車がセンターラインの柵を突き破って飛んでくる可能性があります。

 

ページのトップに戻る


 

服装

オートバイにお金をけちっても自分を守るため服装にはお金を使いましょう。

ヘルメット

フルフェイスのヘルメットを選びましょう。
アゴの部分まで覆われてるヘルメットじゃないと転んだ時に顔がグチャグチャになります。
ジェットにするにしてもシールドがしっかりしててなるべくほっぺがたくさん隠れるやつを選んでね。
規格もJISを満足するだけじゃなくてスネル規格を満足する物を選びましょう。
(安いモデルはスネル規格に通ってない のが多いので気をつけよう)
なんでこんなにしつこく言うかというと頭は壊れたら直らないからです。
腕や足は折れてもくっつきますが頭は壊れたらそのままです。
たとえ腕や足がまともでもそこに動けって指令が出せなければ無意味です。
単車買う前にヘルメットにお金をドーンと使いましょ。
あと、タンデムで後の女の子にしょぼいヘルメットしか被せない男を見かけますが絶対に高性能なヘルメットを被せてあげようね。
シールドですがスモークやミラーのを使ってる人多いと思うけど夜間の走行になりそうだったらリアのシールド持っていこうね。
僕の経験からいくとスモークよりミラーの方が見やすいけどそれでも夜は見にくいからね。
雨対策ですが昼間ならミラーシールドが良いです。
何もしなくても水滴はじきまくります。
普通のクリアのシールドだったらレインXとかの撥水剤を塗りましょう。
プラスチックには良くないといいますのですみっちょで試してからにしましょうね。
あとくもり防止のために内側もきれいにしておきましょう。
くもり止めを塗るのもいいけどしっかりふき取らないと余計くもりますよ。

ジャケット

なるべく脊椎パッドと肩、ひじパッドが入ったのを選 びましょう。
脊椎パッドは言わなくてもわかるよね。
ひじや肩も転ぶと必ずぶつけるとこです。
自分は転ばないと思ってても、まわりからつっこまれたら防ぎようないしね。
当然半袖なんか論外です。
サイズは中に着込んでも窮屈にならないように少しゆったり気味の方がいいでしょうね。
ゴアテックスなど の防水加工がしてあるやつだと不意の雨にも安心です。
(でも表面は濡れちゃうので食事でお店入ったりすると迷惑になっちゃうから降りそうだったらちゃんとカッパ持っていこうね)




パンツ(ズボンね)

転んでもやぶれにくい革パンか単車用のパンツがいいです。
できればひざカップが入ってれば完璧ですが、おいらあれが苦手なんだよな。
横着してジーンズで乗ることが多いです。反省しなきゃね。
冬はオーバーパンツが暖かくて具合がいいです。

グローブ

手首が隠れるやつにしようね。
手を守ってくれそうなパッドやらなんやらついたやつを選びましょう。
雨降りそうな時はもうひとつ持っていくと再び晴れたときに気分がいいです

ブーツか、くるぶしまで隠れるハイカットの靴にしましょう。
転んだ時にくるぶしが削れちゃわないようにね。
防水のタイプを選ぶとなにかと便利ですよ。
靴ひもがあるときは靴ひもを通してクロスしてる部分に余ったひもを押し込んでおくかマジックテープで束ねておくかしようね。
ひもがチェンジペダルやブレーキペダルに引っかかると足を地面に降ろせなくなるよ。

お手入れ

革製品以外は汚れてしまったら手洗いするか洗濯機でネットに入れて手洗いモードで洗って直射日光に当たらないように干しましょう。
防水加工してあるものは乾いたら防水スプレーを吹いておくとよいです。
間違ってもドライクリーニングにゴアテックス製品を出しちゃだめですよ。
革製品は汚れたら湿らした布でふき取って陰干ししたまに薄く革用のクリームを塗りましょう。(ほんのちょっとでいいからね)
濡れちゃったら水で軽くすすいで陰干しして完全に乾く前に薄く革用のクリームを塗りましょう。
ヘルメットは内装ではずせる物ははずして丸洗いしちゃいましょう。
はずした内装はやさしく洗おうね。

ページのトップに戻る


 

持っていると便利な物

いざというとき役に立つよ

救急セット

ばんそうこう、消毒液、三角巾、包帯、はさみ等を小さいポーチかなんかにまとめて入れておいてオートバイに積んでおけばいざというとき役立つよ。
転んだりするとけっこう擦り傷とかできちゃうものね。

簡単な補修ができるように

ガムテープ、タイラップ、針金、ビニールテープ等を持ってると転んじゃった時に自走できるように簡単な補修ができます。

健康保険証

なくすのが怖かったらコピーでもいいよ。これがどうか役にたちませんように。

電話番号をひかえておきましょう

バイク屋さんの電話番号、JAFの電話番号、自動車保険の電話番号等出先でヘルプミーするときに役立ちそうな電話番号を携帯に入れとくなり紙に控えておくなりしましょう。
友達が一番助けになるかもしれないね。

ペンペラなカッパ

性能は二の次でとにかくコンパクトなカッパを単車に積んでおく、縛っておく等するととっさの雨でも助かります。
ジャケットが防水ならカッパのズボンだけでもあれば濡れずに済んじゃいます。
(まあコンビニに飛び込んで安いカッパ買う手もありますが)

ヘッドライトが一灯しかない単車は

ヘッドライトのバルブを持ってましょうね。
夜ライトが切れたら自走不可になっちゃいます。
もしヘッドライトが切れて予備の球を持ってないときは・・・普通ロービーム側が球切れしてもハイビーム側は生きているのでガムテープかなにかでヘッドライトの下半分を覆ってハイビームにして走りましょう。
なんとか対向車にまぶしい思いをさせないで走れると思います。

 

ページのトップに戻る